DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
001 文化学園大学/短期大学部/大学院 >
03 紀要 >
21 文化女子大学紀要. 人文・社会科学研究 1993-2011 >
16 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10457/65

Title: なぜTOEFLのスコアは伸びないのか:学習方略の必要性
Other Titles: Learning strategies and TOEFL scores
Authors: 古屋, 則子
Keywords: learning strategies
metacognitive
learning styles
Issue Date: 31-Jan-2008
Publisher: 文化女子大学
Citation: 文化女子大学紀要. 人文・社会科学研究 16 (20080100) pp.141-151
Abstract: 多くの学生が留学に必要なTOEFLスコアの550点を獲得するのには最低1,000時間の学習が必要である。学生は授業以外に自習をするのは不可欠であるが,なかなか英語力がレベルアップしない。本研究では47名を対象にアンケート調査を行ったがその結果,多くの学生はLearning Strategies(学習方略),特にMetacognitive Strategies(メタ認知方略)の知識が欠けていることが判明した。
URI: http://hdl.handle.net/10457/65
Appears in Collections:16

Files in This Item:

File Description SizeFormat
001032116_12.pdf288.89 kBAdobe PDFView/Open

Show this item's statistics

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - Feedback