DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
001 文化学園大学/短期大学部/大学院 >
03 紀要 >
16 文化学園大学・文化学園大学短期大学部紀要 2017- >
50 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10457/2896

Title: 「日本画と臨床美術を融合した創作実践―心理学的質的分析と構造化による開発―」のための予備調査
Other Titles: A Pilot Survey for “Fusing Art Activities of Japanese Painting and Clinical Art: Synthetic Development with Psychological Approaches”
Authors: 柴田, 眞美
Keywords: 創作実践
日本画
臨床美術
心理学的分析
art activity
Japanese painting
clinical art
psychological analysis
Issue Date: 31-Jan-2019
Publisher: 文化学園大学・文化学園大学短期大学部
Citation: 文化学園大学・文化学園大学短期大学部紀要 50 (2019-01) pp.49-58
Abstract:  大自然の素材と対峙しつつ大自然に生かされた人間の心と静かに対話をする日本画と、人間の根源的な創作表現の喜びを目指す臨床美術に親和性を実感し、これまで初学者を対象とした実践の中で、両者を応用した試みをしてきた。本稿では、今後の本格研究において、両者をさらに融合し、理論的裏付けを有しつつ異文化圏にも通用する新たな創作実践を開発していくための予備的調査として、これまでの3カ年にわたる3種類の創作課題の試みにつきその成果を検討した。得られた作例と参加者自身による制作の振り返り記述を吟味し、作品、記述共に密度の高い作例を選定し、各作例を味わいながら本格研究での実技課題改良の示唆を得ると共に、振り返り記述中の言葉について、創作課題ごとに項目立てを考え言語表を作成し、本格研究における心理学的質問紙手法で用いる言葉の選定の手がかりを得た。さらに質的分析を構造化していくことを見据え、構造化の際の仮概念群候補を浮上させた。
URI: http://hdl.handle.net/10457/2896
ISSN: 24325848
Appears in Collections:50

Files in This Item:

File Description SizeFormat
001031650_07.pdf3.52 MBAdobe PDFView/Open

Show this item's statistics

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - Feedback