DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
001 文化学園大学/短期大学部/大学院 >
01 学術雑誌論文  >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10457/2887

Title: 和装における袴の存在意義 : 市場の現状とマンガ分析、機能性検討、そして新たな可能性を探る
Other Titles: New Potentials of the Japanese "Hakama" : Investigating the Current Market, Manga and Functionality
Authors: 佐藤, 真理子
熊谷, 伸子
小出, 治都子
Keywords: 
和服
伝統
クールジャパン
マンガ
機能性
Hakama
Kimono
Tradition
Cool Japan
Manga
Functionality
Issue Date: Mar-2016
Publisher: ファッションビジネス学会
Citation: ファッションビジネス学会論文誌 21 (2016-03) pp.11-20
Abstract: 袴は、腹部と胸l部を覆い紐で腰に結びつける形の和服の一種で、日本書紀にも記載のある本邦の伝統的民族衣装である。本研究では、袴の再評価と新たな展開を目指し、市場の現状調査、マンガ分析、機能性検討を行った。市場調査の結果、現代の袴に包含される衣服は多岐にわたり、その着用目的も異なるため、分類・定義確認と、各々の流通構造の明確化を要する現状が示された。マンガ分析においては、袴着装キャラクターの登場するマンガは一定数刊行されており、主なキャラクターは「武士・侍」と「学生」であった。現代の若者の袴着装シーンでは、日本の伝統文化の再認識につながる表現がなされていた。機能性検討の結果、温熱的快適性・姿勢保持性・下肢の自由度において、袴は高い機能性を持つことが明らかとなった。和装の主流たる着物(長着)が、その着装法から、ハレの場のみの限定的な衣服、日常生活から乖離した存在となっている現在、袴は、日常着にもなり得る機能性と快適性を備え、伝統文化の継承者、クールジャパンのアイコン、新しい和のモードとしての可能性を有することが示された。
URI: http://hdl.handle.net/10457/2887
ISSN: 13489909
Appears in Collections:01 学術雑誌論文

Files in This Item:

File Description SizeFormat
00101_000124.pdf1.58 MBAdobe PDFView/Open

Show this item's statistics

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - Feedback