DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
001 文化学園大学/短期大学部/大学院 >
01 学術雑誌論文  >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10457/2885

Title: 異文化理解のための民族衣装の教材化 : 教材「世界の民族衣装」の開発と実践
Other Titles: The Use of Folk Costumes as Teaching Materials for Cross-cultural Understanding
Authors: 栗山, 丈弘
豊田, かおり
Keywords: 民族衣装
異文化理解
文化的多様性と共通性
参加型学習
Folk Costumes
Cross-cultural Understanding
Cultural Diversity and Commonality
Participatory Learning
Issue Date: Mar-2013
Publisher: ファッションビジネス学会
Citation: ファッションビジネス学会論文誌 18 (2013-03) pp.33-40
Abstract: 本研究では、ファッション教育においてグローバル人材を育成していくために、グローバル人材 育成推進会議がグローバル人材の要素の1つとして挙げた「異文化に対する理解」を育む教育実践の一事例として、民族衣装を題材とする教材開発を行いその実践と検証を試みた。本研究ではまず、民族衣装のカタチ(形態・形式)に着目し、参加l型学習の手法を取り入れた2つの教材「民族衣装を作ってみよう」(シミュレーション教材)と「民族衣装を分類してみよう」(フォトランゲージ教材) からなる学習単元を構想した。さらに、この教材を、ファッション系大学の学生を対象に実験授業 を行ない、その学習成果を、授業者による観察および事前・事後アンケートをもとに検証した。そ の結果、学習方法として取り入れた参加型学習が、学生に能動的学びをもたらし、かつ、異文化理解の視点として取り上げた文化的多様性と共通性の受容という点で一定の効果が見られることを示唆する結果が得られた。
URI: http://hdl.handle.net/10457/2885
ISSN: 13489909
Appears in Collections:01 学術雑誌論文

Files in This Item:

File Description SizeFormat
00101_000122.pdf712.31 kBAdobe PDFView/Open

Show this item's statistics

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - Feedback