DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
001 文化学園大学/短期大学部/大学院 >
03 紀要 >
16 文化学園大学・文化学園大学短期大学部紀要 2017- >
49 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10457/2759

Title: 平行二棟造系民家の分布と肥前守護少弐氏・肥後守護菊池氏の支配地の関連について
Other Titles: The Distribution of Parallel Twin Roof Style Minka of the Shoni and Kikuchi Clans
Authors: 中尾, 七重
Keywords: 民家
分棟型
平行二棟造
九州
farmhouse
bunto style minka
parallel twin roof style minka
Kyushu region
Issue Date: 31-Jan-2018
Publisher: 文化学園大学
Citation: 文化学園大学・文化学園大学短期大学部紀要 49 (2018-01) pp.29-38
Abstract: 九州には、広間型間取のテノマ・ナカエ接合分棟型民家と、縦割型間取の平行二棟造系分棟型民家が分布している。そのうち、平行二棟造系民家は、佐賀県南部・福岡県南部・熊本県北部に分布する。この分布域は、肥前守護小弐氏の支配領域および肥後守護菊池氏の支配領域と重なり合うが、守護家活動期と民家建設時期に同時性はない。平行二棟造系民家は、室町幕府の後継者たる江戸幕府の九州支配正統性を示すため、旧守護家支配地にのみ、この民家形式を許可した在地政策が成立起源と推測される。
URI: http://hdl.handle.net/10457/2759
ISSN: 24325848
Appears in Collections:49

Files in This Item:

File Description SizeFormat
001031649_04.pdf1.51 MBAdobe PDFView/Open

Show this item's statistics

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - Feedback