DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
001 文化学園大学/短期大学部/大学院 >
03 紀要 >
16 文化学園大学・文化学園大学短期大学部紀要 2017- >
49 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10457/2757

タイトル: 「おはしょり」形成の過程
その他のタイトル: The Process of "Ohasyori" Formation
著者: 福田, 博美
キーワード: きもの
おはしょり
着付け
kimono
ohashori
dressing
発行日: 31-Jan-2018
出版者: 文化学園大学
引用: 文化学園大学・文化学園大学短期大学部紀要 49 (2018-01) pp.9-16
抄録: 近世初期、男女共に対丈であった小袖は、男物が対丈のままであったのに対し、女物の丈は長くなった。そのために女物では着丈より長い分を腰のあたりで引き揚げ、腰紐で締めて丁度良い丈に調整する「おはしょり」が形成された。その過程に関して日本服装史では言及されていない。そのため、本稿で画像・文献資料より辿ることを目的とした。また、和服裁縫書から用語の初出にも着目した。その結果、江戸時代、室内で裾が引摺られた小袖は、外出の際、たくし上げたり、褄を取って着装された。しかし、片手が塞がる不便さから、「抱帯」「しごき帯」と称された細紐で前身頃をはしょった。明治時代、着付けの段階で「腰帯」と「下締」が締められ、「おはしょり」と称される着装法が完成した。その姿は「腹の辺にカンガルーといふ獣の如く、無益の袋を作るは真に抱腹なり」と揶揄され、大きな袋状の「おはしょり姿」は不評であったが、昭和時代に入り、体形に合わせた着付けが進み、「おはしょり」はその利便性に加えて着装美が求められた中で定着化した。また、和服裁縫書では1957 年に「お端折」の用語が明らかとなったが、1900 年刊「流行」の「ハシヨル」の言葉が初出と捉える。
URI: http://hdl.handle.net/10457/2757
ISSN: 24325848
出現コレクション:49

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
001031649_02.pdf2.02 MBAdobe PDF見る/開く

このアイテムの統計を表示

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2005 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください