DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
001 文化学園大学/短期大学部/大学院 >
03 紀要 >
16 文化学園大学・文化学園大学短期大学部紀要 2017- >
49 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10457/2754

Title: ファッションの感性を用いたグラフィックデザインの可能性 : アイウェアのビジュアル提案を中心に
Other Titles: The Potential of Fashion Inspired Graphic Design :
Authors: 森澤, 詩穂里
Keywords: ファッション
グラフィックデザイン
イラストレーション
Fashion
Graphic Design
Illustration
Issue Date: 31-Jan-2018
Publisher: 文化学園大学
Citation: 文化学園大学・文化学園大学短期大学部紀要 49 (2018-01) pp167-181
Abstract: ファッションイラストレーションは、ファッションのイメージを他者に伝達するために表現されたもので、人物画のみならずその周辺の表現も重要とされ、雑誌や書籍をはじめ広告、パッケージや店舗装飾など様々な業界の商材に幅広く活用されている。筆者は社会におけるファッションイラストレーションの可能性を広げることを研究テーマとし、「アイウェア」に着目した。  元来、アイウェアは視力矯正を目的とした製品であり実用性が重視されていた。しかし近年では低価格化やファストファッション化の影響により、季節やその日の気分によって洋服を替えるように気軽にアイウェアを替える消費行動が浸透し、ファッション用途としての需要が高まっている。そこでファッションイラストレーションを表現する上で培ってきた感性を生かしてアイウェアフレームにおけるグラフィックデザインを提案することを試みた。具体的には、産学協同プロジェクトとして行ったアイウェアの製品開発におけるデザインの過程を報告する。
URI: http://hdl.handle.net/10457/2754
ISSN: 24325848
Appears in Collections:49

Files in This Item:

File Description SizeFormat
001031649_19.pdf16.83 MBAdobe PDFView/Open

Show this item's statistics

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - Feedback