DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
001 文化学園大学/短期大学部/大学院 >
03 紀要 >
16 文化学園大学・文化学園大学短期大学部紀要 2017- >
49 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10457/2749

Title: プルーストとフォルチュニィの交差点 : 「ビザンチン・ホール」とフォルチュニィの舞台照明
Other Titles: The Intersection of Proust and Fortuny : Byzantine Hall (Salle Byzantine) and Fortunyʼs Stage Lighting
Authors: 勝山, 祐子
Keywords: グレコ=サクソン
マルティンヌ・ド・ベアール伯爵夫人
クーポール
Gréco-Saxon
The Countess Martine de Béarn
coupole
Issue Date: 31-Jan-2018
Publisher: 文化学園大学
Citation: 文化学園大学・文化学園大学短期大学部紀要 49 (2018-01) pp.119-132
Abstract: フォルチュニィのドレスが『失われた時を求めて』で描かれるのは、ヴェネチアン・ルネッサンスを甦らせる衣装としてだ。だが、フォルチュニィのテキスタイル作品で最も有名なのは、古代ギリシャ風のガウンやスカーフである。これは『スワン家のほうへ』の末尾で描かれる1912 年頃のモードに見られるような、当時の古代ギリシャ風ドレスの流行(リバティーのドレスや19 世紀後半に大量に発掘されたタナグラ人形を連想させるドレスの流行、あるいはディレクトワール様式のドレスのリヴァイヴァル)や、ダンカンらギリシャ風ダンスの隆盛と無関係ではない。また、フォルチュニィはワグネリアンであり、舞台用間接照明とそれを有効に使用するための舞台装置「クーポール」を発明、プルーストも親しかったベアール伯爵夫人の私設劇場で実際に使用されることになった。1906 年3 月の杮落しにプルーストが赴いた形跡はなく、そもそもプルーストとフォルチュニィのあいだにどの程度の交流があったのかも明らかではないが、フォルチュニィがレイナルド・アーンの姻戚だった ことに鑑みても、プルーストがこうしたフォルチュニィの多岐にわたる活動を知らなかったとは考えられない。二人の意外な共通点は、フォルチュニィのオペラやバレエといった舞台芸術における活動を支える理論、つまり音楽とは時間的芸術で、切断のない時間の中で音楽による陶酔に身を任せるべきだ、という確信である。
URI: http://hdl.handle.net/10457/2749
ISSN: 24325848
Appears in Collections:49

Files in This Item:

File Description SizeFormat
001031649_14.pdf1.05 MBAdobe PDFView/Open

Show this item's statistics

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - Feedback