DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
001 文化学園大学/短期大学部/大学院 >
03 紀要 >
21 文化女子大学紀要. 人文・社会科学研究 1993-2011 >
06 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10457/2738

Title: 幼児の二言語習得 : 定説をくつがえす
Other Titles: Simultaneous Bilingualism : Dispelling of Myths
Authors: ロバート, ヒックリング
Issue Date: 1-Jan-1998
Publisher: 文化女子大学
Citation: 文化女子大学紀要. 人文・社会科学研究 6 (1998-01) pp.43-52
Abstract: 二言語を併用する子供の親は, 生後まもなく, 彼らの子供が二言語体験することに消極的で ある。なぜならば二言語を併用する子供は, 単一言語を使う子供と比べて自然に言語習得できないかもしれないと懸念するからである。 更に二言語を併用する子供は, どちらの言語においてもネイティブスピーカーのレベルに熟達できないかもしれないと心配することである。 この考えは, 一般にセミリンガリズムと呼ばれている。このセミリンガリズムについて1927年にブルームフィールドは北米のインディアンの言語における分析において以下のように記述している。 およそ40歳の北米インデアン, ホワイト サンダーは英語より彼のインデアンの言語であるメノミニ をより多く話すが, そのメノミニですら語彙が乏しく, 文法的規則性がなく, なおかつ, 彼は単純な文章でしか会話ができないというお粗末なものである。つまり彼はまともに言葉を話せないというのである。この例におけるセミリンガリズムへの影響という点で, 言語学者逮は少なくとも一つの言語においてネイティブレベルの言語能力を確実なものにするには, 第二言語を経験させる以前に, しっかりした第一言語の能力を習得しなければならないと忠告する。 これに対して, この論文は二言語を同時に体験することが, 子供の言語習得にマイナスな影響を及ぼすことはなく, 二言語を同時に使う子供の養育は, それ自体がセミリンガリズムの原因にならないということを説いている。むしろセミリンガリズムの原因は経済的, 政治的, 社会的条件によるものであると論じ, 二言語体験が遅ければ, 遅いほど子供の第二言語における言語熟達の可能性は低くなるかもしれないと説明している。
URI: http://hdl.handle.net/10457/2738
ISSN: 09197796
Appears in Collections:06

Files in This Item:

File Description SizeFormat
001032106_04.pdf294.81 kBAdobe PDFView/Open

Show this item's statistics

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - Feedback