DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
001 文化学園大学/短期大学部/大学院 >
03 紀要 >
21 文化女子大学紀要. 人文・社会科学研究 1993-2011 >
12 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10457/2731

タイトル: 「インターネット時代の広報誌の役割 : 予備的研究」
その他のタイトル: A Study on the Role of Public Relations Magazine in the Era of Internet : a preliminary research
著者: 三島, 万里
発行日: 31-Jan-2004
出版者: 文化女子大学
引用: 文化女子大学紀要. 人文・社会科学研究 12 (2004-01) pp.171-186
抄録: 本稿は,高度情報化社会における金業広報誌の特徴を検出・分析することによって,コー ポレートコミュニケーション(以下CC ) のなかでの広報誌の現代的役割を確認し, 各企業広報誌の特徴と, そこに現れた企業文化の関連を析出するための予備段階として, ①コミュニケーション論1)の観点から見た日米のCO)成立過程の整理とその目的の明確化, ②ccにおける広報誌の新しい役割仮説の提示, および③実証研究のための先行研究文献の整理, の三点を目的としたものである。
URI: http://hdl.handle.net/10457/2731
ISSN: 09197796
出現コレクション:12

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
001032112_13.pdf1.54 MBAdobe PDF見る/開く

このアイテムの統計を表示

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2005 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください