DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
001 文化学園大学/短期大学部/大学院 >
03 紀要 >
21 文化女子大学紀要. 人文・社会科学研究 1993-2011 >
04 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10457/2711

Title: 消費者主権の確立と日本の流通 (下)
Other Titles: The Establishment of the Japanese Consumers' Rights and the Distribution System Part 3
Authors: 三島, 万里
Issue Date: 1-Jan-1996
Publisher: 文化女子大学
Citation: 文化女子大学紀要. 人文・社会科学研究 4 (1996-01) pp.217-236
Abstract: 本稿(上)(中)では消費財産業の流通システムにおける「消費者主権」確立の阻害要因を実証分析した。本論では「消費者主権」確立に向けて今後緊急に整備拡充することが望まれる消費者資本について言及する。第一に, 消費者資本拡充に向けての行政システムを繋備するものとして独禁法などの社会ルール型行政の改革状況を検討, 第二に, 現行消費者運動の限界と今後の方向を検討し, 最後に今後の望ましい方向と問題点を展望することで結語にかえる。
URI: http://hdl.handle.net/10457/2711
ISSN: 09197796
Appears in Collections:04

Files in This Item:

File Description SizeFormat
001032104_15.pdf1.41 MBAdobe PDFView/Open

Show this item's statistics

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - Feedback