DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
001 文化学園大学/短期大学部/大学院 >
03 紀要 >
21 文化女子大学紀要. 人文・社会科学研究 1993-2011 >
09 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10457/2698

Title: 節用集饅頭屋本のかなづかいに関わる改変について
Other Titles: On the usage of Katakana in Setsuyoshu Manjuyabon
Authors: 近藤, 尚子
Issue Date: 31-Jan-2001
Publisher: 文化女子大学
Citation: 文化女子大学紀要. 人文・社会科学研究 9 (2001-01) pp.19-28
Abstract: 節用集饅頭屋本の初刊本と通行本とは別版でありながら、基本的には通行本が初刊本の体裁・内容を忠実に受け継いでいる。しかし詳細にみていくとそこには七〇〇箇所近い異同が存する。それを通行本の改変ととらえ、本稿ではこれらの改変のうち傍訓のかなづかいに関わるもの約一二〇例をとりあげ、検討した。改変のみをとりあげるとそこには古典かなづかい・字音かなづかいと高い一致率を示すという明らかな傾向を晃出すことができる。しかし饅頭屋本全体の傍訓をながめるとその傾向はむしろ全体としての原則・統一を乱す結果となってしまっている。それは通行本がこのような傾向をもつ改変を網羅的には行っていないためで、そのことはこの改変が意図的なものではないことを示していると考えられる。かなづかいが強く意識されるようになる近世へと続く過渡期の資料としてこの饅頭屋本通行本を位置づけ、前後の時代との関わりを明らかにしていくことにも意義があると考える。
URI: http://hdl.handle.net/10457/2698
ISSN: 09197796
Appears in Collections:09

Files in This Item:

File Description SizeFormat
001032109_13.pdf545.52 kBAdobe PDFView/Open

Show this item's statistics

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - Feedback