DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
001 文化学園大学/短期大学部/大学院 >
03 紀要 >
21 文化女子大学紀要. 人文・社会科学研究 1993-2011 >
09 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10457/2692

Title: 多文化環境におけるこどもの文化へのアイデンティティ(自己同一性)と個々のニ言語使用
Other Titles: Cultural Identity and Bilinguality in a Multiculutural Setting
Authors: ヒックリング, ロバート
Issue Date: 31-Jan-2001
Publisher: 文化女子大学
Citation: 文化女子大学紀要. 人文・社会科学研究 9 (2001-01) pp.23-32
Abstract: 二言語環境で育ったこどもは単一言語環境で育ったこどもとは異なった文化へのアイデンテ ィティ(自己同一性)を確立する。さらにニ言語環境で育ったこどもは二つの独立したアイデンティテ ィを確立しない。その代わりとして彼らは, 二つの文化の特色が密接に結び付いたユニークなアイデンティティを確立する。この二つの文化の結び付きは, 彼らが新しい文化へ順応する行為と新しい文化へ順応する際に古い文化の特色を失う行為とが互いに影響し合う結果と言える。二言語環境で育ったこどもの文化へのアイデンティティは, 言語の発達のレベルによって決定される。だが同時に, 彼らが生活する文化も彼らの二言語の発達に大きな影響を及ぼす。なぜならば, 彼らのニ言語を十分に発達さぜるためには, 彼らが生活する社会が二言語の文化を受け入れる必要があり, さらに彼らにとって二つの文化が重要な意味を持たなければならないからである。その際, 彼らがそれぞれの言語を話す機会を持つことは, 彼らの異文化への考え方に大きな影響力を持ち, その言語の文化に肯定的な見方をするようになる。このことから, こどもの二言語使用の発達は彼らの生活する社会がどのようにその外国語の文化を理解しているかに影響される。本稿は, 多文化環境における文化と諸々の二言語使用の関係を考察し, なぜ、個々の二言語使用が社会的認識と文化的行動様式の中で研究されるべきかを論じている。
A child raised bilingually develops a cultural identity which differs from that of a monolingual. At the same time, it is important to understand that a bilingual child does not develop two independent identities. Instead, the two cultures are integrated into a unique identity in which aspects of both relevant cultures are closely linked. This linking is the result of an interaction between enculturation, acculturation, and deculturation processes. While the development of bilinguality shapes the development of the child's cultural identity, the reverse is also true, that cultural identity influences the child's bilinguality. In order for bilinguality to develop fully, the characteristics of cultural identity which are relevant to the acquisition of the two languages must be salient for the child's identity without being conflictual. Bilingual experience also influences ethnic attitudes and enhances positive perceptions of the other group. The way in which the bilingual is perceived by members of their own culture and by those of others depends on the existing relations between the different cultures. This paper examines the relationship between culture and bilinguality in a multicultural environment and discusses why bilinguality has to be studied in relation to social perception and cultural behaviour.
URI: http://hdl.handle.net/10457/2692
ISSN: 09197796
Appears in Collections:09

Files in This Item:

File Description SizeFormat
001032109_03.pdf248.51 kBAdobe PDFView/Open

Show this item's statistics

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - Feedback