DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
001 文化学園大学/短期大学部/大学院 >
03 紀要 >
21 文化女子大学紀要. 人文・社会科学研究 1993-2011 >
08 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10457/2687

Title: 幼児のニ言語習得 : ニ言語の同時習得か,それとも第一言語習得後に第二言語を学ばせるべきか
Other Titles: Simultaneous Versus Early Sequential Bilingualism
Authors: ヒックリング, ロバート
Issue Date: 31-Jan-2000
Publisher: 文化女子大学
Citation: 文化女子大学紀要. 人文・社会科学研究 8 (2000-01) pp.39-48
Abstract: バイリンガルの子どもを持ちたいと望む親たちは, 生後まもなく二種類の言語を子どもに 学ばせるか(simultaneous bilingualism) , それとも第一言語を確実に習得させてから, もう一つの言語を学ばせるか(sequential bilingualism) , そしてもしもう一つの言語を後で学ばせるのであれば, 何歳が子どもにとって適当であるか, という疑問に最初に取り組む。彼らのさらなる関心事は, 単一の言語に接する子どもと比較して二言語に接する子どもは, 話し始める時期が遅れるかどうかということである。もしそうであれば, 長期的には, どんな影響があるかということ。その長期的な影響があるとすれば, 二言語に接している子どもは, 単一言語に接している子どもと類似した発達段階を通して二言語を習得するかということである。さらに, 二言語環境の子どもは, 単一言語環境にある子どもと同じ進度で, 容易に二言語を習得するかということにある。 本稿は, simultaneous bilingualism とsequential bilingua!ism の2 つのアプローチを考察し, バイリンガルの子どもを育てるには, 両親の母国語, 子どもが生活する環境における公用語, 二言語環境下でのどもへの親の話し方, 二言語環境下における個々の子どもの性格, という点について十分に配慮する必要性があるということを明示している。同時に, 日本に増加する国際結婚の家庭にあるような, 両親がそれぞれ異なった言語を話し, そのうちの1つは, 社会における公用語であるという環境下でのsimultaneous bilingualism を支持している。
Many parents who wish their child to grow up bilingual fìrst wrestle with the question of whether the two languages should be introduced from birth (simultaneous bilingualism) or whether the first language should be fìrmly established before exposing the child to the second language (sequential bilingualism) and, if so, what the optimal age should be before presenting the second language. Other concerns include whether the onset of speech will be delayed compared to the monolingual child and, if so, what long term effects, if any, it will entail, whether the child will progress through a developmental sequence that parallels that of his/her monolingual countepart, and whether the child will acquire his/her languages with the same rate and ease as the monolingual child. This paper examines these two approaches to achieving bilingualism and presents evidence to suggest that careful consideration must fìrst be given to such factors as the native language of the parents,the dominant language of the community, the strategy the parents employ in speaking to the child, and the individual personality of the bilingual-to-be child. An argument is then put forward in support of simultaneous bilingualism in the context where the parents have different native languages, one of which is the dominant language of the community, a situation in which a growing number of families in Japan fìnd themselves.
URI: http://hdl.handle.net/10457/2687
ISSN: 09197796
Appears in Collections:08

Files in This Item:

File Description SizeFormat
001032108_04.pdf288.71 kBAdobe PDFView/Open

Show this item's statistics

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - Feedback