DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
001 文化学園大学/短期大学部/大学院 >
03 紀要 >
11 研究紀要 1968-1992 >
21 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10457/2643

Title: 桃山時代の暈繝について
Other Titles: A study of Ungen (Color Gradation) in the Momoyama Era
Authors: 鈴木, 正文
Issue Date: 31-Jan-1990
Publisher: 文化女子大学研究紀要編集委員会
Citation: 研究紀要 21 (1990-01) pp.65-72
Abstract: この研究は, 暈繝彩色が, 装飾位の豊かな桃山時代において新たな発展を見せた彫刻や絵画 と, どのような係わりをもちながら受け継がれていったのかを, 建築装飾を主軸として調べた。 鎌倉時代以前の建築装飾としての彩色は, 暈繝がその比重の多くを占めていたが, 室町時代の絵画的要素の混在した時期を経て桃山時代に至ると, 霊廟や神社の豊かな装飾彫刻は, モティーフの多様化と同時に絵画的要素を立体化させた。その彩色は纂股が示す様に, 金を多用した濃絵風の彩色が主体となり, 暈繝はこれらの彫刻の周囲を飾る額縁的な役割を果たす様になる。しかし, 立体化された様々なモティーフのうち, 雲は暈繝彩色され, 当時の金碧障壁画の金雲のように, 各モティーフを繋ぐ構成上重要な役割を果たしていることがわかる。 一方, 西洋との交易により数多く描かれた南蛮屏風や, 漢画の影響を強く受けた障壁画のなかには,中華風の建物の瓦の表現に暈繝彩色を用いることにより異国情緒滋れるものに仕上げているものがある。当時の人々の異国的イメージと, 暈繝彩色の大陸的手法との結び付きに輿味がもたれる。
URI: http://hdl.handle.net/10457/2643
ISSN: 02868059
Appears in Collections:21

Files in This Item:

File Description SizeFormat
001031121_06.pdf1.2 MBAdobe PDFView/Open

Show this item's statistics

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - Feedback