DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
001 文化学園大学/短期大学部/大学院 >
03 紀要 >
16 文化学園大学・文化学園大学短期大学部紀要 2017- >
48 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10457/2582

タイトル: 20世紀メンズファッションとアーティストによる創作活動
その他のタイトル: 20th Century Men's Fashion and the Creative Activity of Artists
著者: 北方, 晴子
キーワード: メンズファッション
アーティスト
20世紀
men's fashion
artiste
20th century
発行日: 31-Jan-2017
出版者: 文化学園大学
引用: 文化学園大学・文化学園大学短期大学部紀要 48 (2017-01) pp.35-43
抄録: 本論は20世紀初頭のヨーロッパで、一部のアーティストらにより当時のメンズファッションデザインに新たな試みがなされたことについて述べたものである。既に、メンズファッションにおいては19世紀半ばに現在のメンズスーツの原型が確立され、以後男性ファッションは単純化、画一化に向かい、ディテールの変化はあるものの、殆ど変化を示さなくなる。しかし、ファッションとアートが接近した1920 年代~1930 年代にかけて、アーティストたちがメンズファッションデザインの変化を試みていた。そこで、メンズスーツが確立された直後の19世紀後半のオスカー・ワイルドによるメンズファッション改革から、20世紀前半のイタリア未来派とロシア・アヴァンギャルドによる改革、そして戦後ドイツで活動したアーティストのヨーゼフ・ボイスによるメンズファッションの改革について触れた。なぜアーティストたちはメンズファッションに変革を及ぼそうとしたのであろうか。アーティストたちは自らデザインした服を着用し、芸術家としての作品と芸術家としてのイデオロギーを目に見える形として自らの身体を表現方法のひとつとした。彼らはアートという枠の中で既成概念や価値の変換を行いながら新たなものを創造した。それがメンズファッションへの改革となり、アーティストとして一見風変わりなイメージを表現した。
URI: http://hdl.handle.net/10457/2582
ISSN: 24325848
出現コレクション:48

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
001031648_04.pdf9.76 MBAdobe PDF見る/開く

このアイテムの統計を表示

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2005 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください