DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
001 文化学園大学/短期大学部/大学院 >
03 紀要 >
15 文化学園大学紀要 2016 >
47 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10457/2432

タイトル: 1950年から60年代における日本のニットデザインの基礎調査 第1報
その他のタイトル: A Basic Research of Hand-Knitting Design in Japan in the 1950 and 60s
著者: 近藤, 静香
発行日: 31-Jan-2016
出版者: 文化学園大学
引用: 文化学園大学紀要 47 (2016-01) pp.53-61
抄録: 1950 年から60 年代の編物ブーム時にどのような編物が行われていたのかを明らかにするために、本稿では50 年代の日本で発刊された編物書13 冊のニットデザインの基礎調査行った。その結果、ウェア類の比率が68 %と 高い理由として、紡績会社がファッションブックや雑誌を利用し、ウェア類の人気が高まり、編糸の販売促進に 繋がったことがわかった。50 年代で最も使用されていた編物針は性別・年代別問わず2 号棒針であり、中細糸 対応の編機と棒針の併用が行われていたことから、50 年代は中細糸中心で作品が製作されていた。50 年代でも 様々な技法が使用されていたが、編物と刺繍等の手芸技法を融合させたデザインが多く存在し、明治時代から洋 裁教育の影響を受けている可能性が明らかになった。13 冊の編物書内掲載のコラムの内容を調査したところ、 海外の編物モードの紹介が最多掲載で、編糸の選び方から編物の仕上げ方法までの編物に関する一連の流れに関 するコラムが紹介されていた。また、染色などによる編糸の再生方法も掲載され、当時の編糸の貴重さが感じら れた。しかし1950 年代後半には扱いやすい新糸の開発などの理由により、編糸の再生に関するコラム数は減少 傾向になった。
URI: http://hdl.handle.net/10457/2432
ISSN: 21873372
出現コレクション:47

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
001031547_07.pdf1.48 MBAdobe PDF見る/開く

このアイテムの統計を表示

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2005 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください