DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
001 文化学園大学/短期大学部/大学院 >
03 紀要 >
12 文化女子大学紀要. 服装学・生活造形学研究 1993-2000 >
29 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10457/2426

タイトル: MSC創造的構えテストの作成
その他のタイトル: The Construction of the Mental Set for Creativity Test (MSC-T)
著者: 伊賀, 憲子
発行日: 31-Jan-1998
出版者: 文化女子大学
引用: 文化女子大学紀要. 服装学・生活造形学研究 29(1998-01) pp.39-52
抄録: ギルフォード(Guilford,J.P) 1) は,創造性の因子として,問題への敏感さ,流暢性,独創性,綿密性,再定義力の6つの因子をあげている。一方,ウェルトハイマー(Wertheimer,M) 2) は,創造的思考について,問題そのものの発見を含んだ高次の生産的思考としてとらえ, 試行錯誤的にではなく洞察によってなされるとしている。筆者を含む早稲田大学創造性研究会 注)では,この創造的思考に関する代表的な2つの考え方を参考に, TCT創造性検査6テストを作成し,創造的思考の評価を行っている。ところで,創造性の評価には,創造的活動そのものを評価する方法と,創造的活動への方向づけを行う創造的パーソナリティを評価するという2つの方法が考えられる。そこで,筆者らは, MSC創造的構えテスト(Mental Set for Creativity Test:略してMSC-T) を作成し,創造性をパーソナリティ変数の面からとらえることを試みた。さらに,ウィークス(Weeks,D.J)らによって,エクセントリックなパーソナリティが創造性と関連があるようであるということが示唆されたことから,これまでのMSC創造的構えテストを改訂し,TCT創造性検査と共に,検討を重ねている。
URI: http://hdl.handle.net/10457/2426
ISSN: 0919780X
出現コレクション:29

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
001031229_05.pdf844.29 kBAdobe PDF見る/開く

このアイテムの統計を表示

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2005 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください