DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
001 文化学園大学/短期大学部/大学院 >
03 紀要 >
12 文化女子大学紀要. 服装学・生活造形学研究 1993-2000 >
30 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10457/2409

Title: 染色創作布による空間演出 : 照明器具の試作
Other Titles: Space Peformance Using Dyed Fabrics : By Light Creation
Authors: 沼尻, 七子
Issue Date: 31-Jan-1999
Publisher: 文化女子大学
Citation: 文化女子大学紀要. 服装学・生活造形学研究 30(1999-01) pp.125-137
Abstract: インテリアの分野において,布という素材はその特性から,用途を広げ,発展してきている。筆者は,実際に染色布を創作してきた立場から布の特性を生かした空間演出について考えてみた。中でも,布と光の関係に注目し,布地の透過の観点から,あかりを通した効果について,研究を行った。布は光を間接的にとらえ,その効果は魅力的である。室内の雰囲気は,光やあかりの質によるところが大きいと思われる。 照明器具は,室内の演出に重要なものである。ここでは,染色布を素材として使用した照明器具を,各種8点制作した。そして,デザインや効果について検討し,空間演出について考察を行った。その結果,目的に応じた布地の選択の難しさ,光を通した時の色や模様の変化など,照明器具としての布地の効果について知ることができた。また,光の関係からいえば,光の透過のみに頼るよりも,透過と反射を同時に行なう「相互反射」の活用法が有効であった。この事を通して,多様な空間演出の可能性を検討し続けている。
URI: http://hdl.handle.net/10457/2409
ISSN: 0919780X
Appears in Collections:30

Files in This Item:

File Description SizeFormat
001031230_12.pdf1.22 MBAdobe PDFView/Open

Show this item's statistics

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - Feedback