DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
001 文化学園大学/短期大学部/大学院 >
03 紀要 >
12 文化女子大学紀要. 服装学・生活造形学研究 1993-2000 >
28 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10457/2390

タイトル: Walking-Stick考
その他のタイトル: A Study on the Walking-Stick
著者: 神部, 晴子
発行日: 1-Jan-1997
出版者: 文化女子大学
引用: 文化女子大学紀要. 服装学・生活造形学研究 28(1997-01) pp.33-41
抄録: 現在では歩行用の補助として使われているステッキは, 20世紀初頭までは男性の大切なアクセサリーの一つであった。歴史の上では,王や支配者が持つステッキと呼ばれたが,アクセサリーとして流行するのは, 17世紀頃からである。 剣(sword) と同時にステッキを持つことが紳士としての重要な装いの一つであった17世紀から18世 紀初頭には,先端に金や象牙, トルコ石などを付けた大変高価なものが愛用された。18世紀初頭に,帯剣が禁止された結果,ステッキの普及,流行が際立ってくる。装飾品としてだけではなく,剣の代用品としてステッキが持たれたからである。また一時期,医師が疫病除けとして持ち歩いたり,男性だけでなく女性にも携えられた。 19世紀は最もステッキが多様化した時代であり,ステッキを見れば,その人の精神がわかる言ったのはバルザックである。そして, 20世紀初頭には,ある雑誌で,ステッキはファッションの恩人とまで評された。ステッキには,男性が本能的に持つ一種の決闘意識が内在してきたと考えられるが,ファッションとしても重要な役割をもってきたのである。
URI: http://hdl.handle.net/10457/2390
ISSN: 0919780X
出現コレクション:28

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
001031228_05.pdf667.53 kBAdobe PDF見る/開く

このアイテムの統計を表示

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2005 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください