DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
001 文化学園大学/短期大学部/大学院 >
03 紀要 >
12 文化女子大学紀要. 服装学・生活造形学研究 1993-2000 >
26 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10457/2377

タイトル: Mink Coatに関する一考察
その他のタイトル: A Study on Mink Coat
著者: 大石, 君子
発行日: 31-Jan-1995
出版者: 文化女子大学
引用: 文化女子大学紀要. 服装学・生活造形学研究 26(1995-01) pp.63-77
抄録: 多様化するファッションの中で毛皮が注目されている。ここ数年,急速な加工技術の進歩,発展により,新しい素材として生まれ変わって登場したのである。この新しい毛皮素材の扱いを解明するため,次の2 点から検討を試みた。1.我が国における1984~1994年のミンクのコートについて,デ ザイン,加工,縫製技法などを検討し,経年変化,傾向,特色をまとめ,実情を把握した。2.代表的 なミンク・コートの実物作品を分析し,市場調査と合わせてパターン,加工,縫製技法を検討した。結果は11年間のミンク・コートは,経年変化がみられ経年ごとに,よりソフトで薄く軽量化され,着やすさを追及して,カジュアルにも,おしゃれにも楽しむ傾向である。実物作品は防寒を目的とする総裏仕立の場合,縫製技法において経年変化に大差はなかったが,パターン,使用材料素材の加工からみると,軽量化の傾向は明らかであり,一方,おしゃれを目的とするリバーシブル仕立てのものは,素材の加工,縫製法において,ソフトで薄く,軽量化を計る傾向は顕著であった。
URI: http://hdl.handle.net/10457/2377
ISSN: 0919780X
出現コレクション:26

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
001031226_07.pdf732.28 kBAdobe PDF見る/開く

このアイテムの統計を表示

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2005 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください