DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
001 文化学園大学/短期大学部/大学院 >
03 紀要 >
11 研究紀要 1968-1992 >
23 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10457/2374

Title: 『応氏六帖』の資料性
Other Titles: The Background of Ōshi Rikujō
Authors: 近藤, 尚子
Issue Date: 31-Jan-1992
Publisher: 文化女子大学研究紀要編集委員会
Citation: 研究紀要 23(1992-01) pp.355-370
Abstract: 伊藤東涯著『応氏六帖』は中国の文献からの語を集めた語彙集である。東涯にはもうひとつ『名物六帖』という大部の語彙集があり、『応氏六帖』は『名物六帖』の一時の姿であるとの位置づけが従来なされてきた。しかし『応氏六帖』と『名物六帖』とでは構成の点から異なっており、項目の出入りや同一の見出し語に付された傍訓の異同も多数ある。この傍訓の異同に注目し、『応氏六帖』の独自性をとらえようとこころみた。具体的には「スギダチ(斤斗)」、「インジン(抛墮)」、「ヒルトビ・ヒルガンドウ(白撞)の三項を選び「名物六帖』や『紀聞小牘』の訓と比較し、さらにいろいろな文献の用例からそれぞれの訓の性格を考えた。その結果『応氏六帖』の傍訓は規範性を考慮に入れる必要がなかったために、特殊なものを継承している反面きわめて口頭語的な、おそらく当時の人々にとって耳近い語を含んでいる可能性があることが明らかになった。今後もこのような分析を重ね、『応氏六帖』の独自性を明らかにしていきたい。
URI: http://hdl.handle.net/10457/2374
ISSN: 02868059
Appears in Collections:23

Files in This Item:

File Description SizeFormat
001031123_29.pdf1.3 MBAdobe PDFView/Open

Show this item's statistics

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - Feedback