DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
001 文化学園大学/短期大学部/大学院 >
08 研究報告書 >
11 しつらい : 文化・住環境学研究所報 >
06 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10457/2361

Title: 古民家を活用した「ものづくりワークショップに関する研究」 (2012年度/長野県須坂市)
Authors: 井上, 搖子
佐藤, 百合子
牧野, 昇
高橋, 正樹
渡邉, 裕子
伊藤, 丙雄
Issue Date: Mar-2015
Citation: 文化・住環境学研究所報 : しつらい 6 (2015-03) p.17
Abstract: 2009年に産声をあげた「長野県須坂市における古民家再生プロジェクト」は、建物の調査や片付けに始まり、壁塗りや床の張り替え、トイレやキッチンの整備などを経て、2011年には最初の目的である「寝食の出来る場所」としての体裁が整ってきた。 2012年からはいよいよプロジェクト本来の目的である「古民家の活用」、「様々な拠点づくり」、「新しいものづくり教育」の一環として「ものづくりワークショップ」に着手することになった。 ワークショップの下準備として、2012年3月の春合宿において、設備などの状況確認、須坂市役所の担当者や古民家の所有者である篠塚氏との打ち合わせや聞き取り調査を行った。元々篠塚家は養蚕農家であり、この地域の多くが製糸にかかわっていたり、藍を育てていたこともあったという歴史も踏まえ、一つは「藍染による手ぬぐい作り」を行うことになった。合わせて「篠塚邸の記憶」と題し、建物や農具などからテクスチャーをうつし取り、造形表現として再構築するというワークショップも企画された。
URI: http://hdl.handle.net/10457/2361
ISSN: 18807674
Appears in Collections:06

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Show this item's statistics

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - Feedback