DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
001 文化学園大学/短期大学部/大学院 >
03 紀要 >
12 文化女子大学紀要. 服装学・生活造形学研究 1993-2000 >
27 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10457/2355

Title: 模擬実験と回帰診断
Other Titles: Simulative Experiment and Regression Diagnostics
Authors: 高橋, 武則
楊, 国林
Issue Date: 31-Jan-1996
Publisher: 文化女子大学
Citation: 文化女子大学紀要. 服装学・生活造形学研究 27 (1996-01) pp.47-63
Abstract: コンピュータの発展のめざましい現在,統計教育においてパーソナルコンピュータの利用は当たり前のこととなりつつある。そして,このことによりかつてはごく一部の人のものと言われていた高度な解析が,多くの人に可能になってきた。中でも重回帰分析の利用の機会は飛躍的に増えている。しかしながら,とりあえず手持ちのデータをコンピュータで処理して,そのまま結論とするケースが少なくない。このため,得られた結論に信頼のおけないものや妥当でないものがしばしば登場する。本研究では,模擬実験を用いて回帰診断を行い,重回帰分析のスムーズな導入と,回帰診断を体験学習することにより,重回帰分析の使いこなし方を確実に身につけるアプローチを提案し,実施した実例を紹介する。
URI: http://hdl.handle.net/10457/2355
ISSN: 0919780X
Appears in Collections:27

Files in This Item:

File Description SizeFormat
001031227_05.pdf662.89 kBAdobe PDFView/Open

Show this item's statistics

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - Feedback