DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
003 文化服装学院 >
03 研究集 >
12 文化服装学院研究集 2008- >
09 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10457/2309

Title: 生産技術研究
Authors: 上野, 和博
Issue Date: 31-Mar-2015
Citation: 文化服装学院研究集 (9) (2015-03) pp.41-50
Abstract: 多様化するアパレル業界のニーズに対応するには、創・工・商が連携した仕組みが必要になる。工(ものづくり)の分野においては技術・資材などを有機的に組み合わせ、より付加価値の高いものにすることが重要になる。生産技術研究グループでは、衣服を工業製品としてとらえ、Q(品質)、C(コスト)、D(納期)の条件を満たしながら、様々な技術や仕組みを取り入れ、新たな価値を生み出すことを目的としている。生産技術は多岐にわたり細分化して研究するため、A情報収集(アーカイブ)、B品質改善(カイゼン)、C技術開発(イノベーション)の3グループに分かれ、それぞれ研究活動をおこなっている。 A情報収集(アーカイブ)グループは、アパレル生産に必要な産業資材(主素材、副資材)の情報を収集し、アーカイブ化されたものを公開することを目的としている。また、業界で使用されている資材の紹介や、学内で販売されている資材特性の可視化を図る。 B品質改善(カイゼン)グループは、現存する縫製仕様を収集しアーカイブ化する。アーカイブ化後、さらに合理的な縫製仕様を検討し標準化させる。個々の情報は図・画像・動画などで構成され、内容によっては段階的に表現する。同時に教科書(ファッション大系)・服飾資料との連携も図り、随時学内ホームページ上に更新させていく。 C技術開発(イノベーション)グループは、生産現場で必要な機器・アタッチメント等を利用した製造方法を追求する。また、アパレルメーカー・縫製工場・資材メーカー等を招いたアパレルプロダクションセミナーを開催し、教員・学生を対象に旬な技術情報を提供する。 以下、本研究集では2013年度、2014年度のA情報収集グループ・B品質改善グループ・C技術開発グループの具体的な内容をIIIに記載する。
URI: http://hdl.handle.net/10457/2309
Appears in Collections:09

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Show this item's statistics

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - Feedback