DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
003 文化服装学院 >
03 研究集 >
12 文化服装学院研究集 2008- >
09 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10457/2308

Title: ファッションコーディネートにおける見え方 : 顔の形とイヤリングのデザインの印象 : 研究経過報告
Authors: 黒沢, 友美
Issue Date: 31-Mar-2015
Citation: 文化服装学院研究集 (9) (2015-03) pp.85-88
Abstract: ファッションコーディネートにおけるアクセサリーは、それ一つで印象を変えることもありその存在は大きい。アクセサリーの種類やデザインは豊富にあり、その時代の顔となるトレンドアイテムにもなりうる。それだけに着用者の目的にかなうことが求められる。 ファッションコーディネートとは「2つ以上のアイテムをバランスよく組み合わせて、装いの目的にかなったあるスタイルをトータルに構成すること」をいう。アクセサリーをプラスすることで、よりトータルなスタイルを効果的に演出する方法が求められる。以上のことから本研究では、顔の形の見え方や印象はイヤリングのデザインに関わりが深いという仮説を立て、以下の2点を明らかにすることを目的とした。 1.顔型別イヤリングの組み合わせから生じる印象の違い。 2.イヤリングのデザイン別顔型印象の違い。
URI: http://hdl.handle.net/10457/2308
Appears in Collections:09

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Show this item's statistics

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - Feedback