DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
001 文化学園大学/短期大学部/大学院 >
03 紀要 >
12 文化女子大学紀要. 服装学・生活造形学研究 1993-2000 >
25 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10457/2219

タイトル: CADを用いた補正身頃原型の一考察 : シルエッター計測より
著者: 高橋, 良子
発行日: 31-Jan-1994
出版者: 文化女子大学
引用: 文化女子大学紀要. 服装学・生活造形学研究 25(1994-01) pp.89-106
抄録: 特定の個人を対象とした教場製作・家庭内製作・注文製作の場合,個体にフィットさせた衣服を,平面作図法によって製作するためには,個体別の補正身頃原型を用いると便利である。個体別の補正身頃原型を得るには,原型の試着補正を行うのが一般的な方法である。近年,教場あるいは注文製作の場にもアパレルCADが普及してきた。そこで,このCADを用いて,試着補正を省いて製図段階で,簡便に補正原型をもとめる方法を考察した。本研究の基準原型として,胸度式原型の中でも比較的カバー率がよいとされ普及率の高い「文化式婦人身頃原型」を選択した。研究方法は,算出によって得られる,原型各所の寸法を可能な限り算出し,基準テーブルとしての一覧表を作成し,グレーディング機能を用いて,背丈=37cmで, B=74cmからl06cmの原型を作成する。一方で前回の研究を参考に,CADを用いてシルエッター写真の計測を行う。次に基準表との差寸法や写真から読み取れるシルエット情報より,移動量を体型因子別に考察を加え, CADのパターン修正機能を使って,補正原型を試作し,試着実験を行った。本研究の最終目的は修正移動量を,体型因子べつに定量化することにある。しかし定量化するには至らなかったが,個体別にシノレエッタ一計測値のみから,補正原型にCADを用いて修正する手順を構築し,一応の目的を達する事がで、きたので報告する。
URI: http://hdl.handle.net/10457/2219
ISSN: 0919780X
出現コレクション:25

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
001031225_08.pdf922.61 kBAdobe PDF見る/開く

このアイテムの統計を表示

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2005 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください