DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
001 文化学園大学/短期大学部/大学院 >
03 紀要 >
22 文化学園大学紀要. 人文・社会科学研究 2012-2015 >
22 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10457/2184

タイトル: Breathing Profits: The Businessman in John Steinbeck's Fiction
その他のタイトル: スタインベックに見抜かれた「利益を吸って生きる実業家達」
著者: Han, John J.
Kubota, Aya
キーワード: John Steinbeck
businessman
American literature
発行日: 31-Jan-2014
出版者: 文化学園大学
引用: 文化学園大学紀要. 人文・社会科学研究 22(2014-01) pp.83-93
抄録: ジョン・スタインベックは,1962年のノーベル文学賞受賞演説において,mass methodのために人類が精神的危機にある,と指摘した。彼に言わせれば,大量生産的手法は,経済のみならず政治や宗教,人々の物の考え方にまで浸透して芳しくない影響を与えていた。そして彼は,人々の想像力の自由を奪うものとは断固として戦う,と述べた。スタインベックが個人の創造力を生かしきれない大企業や心なく非倫理的な実業家を嫌ったことは一般によく知られているが,彼の作品を細かく見ていくと,ビジネスマンが一貫して批判的に描かれているわけではないことがわかる。本論文では,数々の作品におけるビジネスマンの扱われ方を精読した上で,利潤に突き動かされた貪欲なタイプのビジネスマンが消費者の暮らしを遠隔操作し,本来労働者が得るべきものを搾取し,違法なビジネスを展開した場合に,作者が嫌悪する対象となっていたことを検証する。また,彼は個々人の人生や家庭生活が大量生産の組織にのみこまれ犠牲となっていくことに対し,非常にネガティブな見解を示しており,ここにスタインベックが重視し続けたものが鮮明に浮かび上がる。
URI: http://hdl.handle.net/10457/2184
ISSN: 21871124
出現コレクション:22

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
001032222_07.pdf1.02 MBAdobe PDF見る/開く

このアイテムの統計を表示

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2005 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください