DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
001 文化学園大学/短期大学部/大学院 >
03 紀要 >
22 文化学園大学紀要. 人文・社会科学研究 2012-2015 >
22 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10457/2183

タイトル: 「おかげ」と「せい」について : 用例分析を中心に
その他のタイトル: A Study of “Okage” and “Sei”
著者: 境, 希里子
キーワード: おかげ
発行日: 31-Jan-2014
出版者: 文化学園大学
引用: 文化学園大学紀要. 人文・社会科学研究 22(2014-01) pp.69-82
抄録: 日本語学校では,外国人留学生に,「せい」は好ましくない結果の原因・理由を表すと説明する。実際の社会での用い方は,もっと広いのではないか。境(2000)は「せい」と,「せい」と対をなす「おかげ」について調査した。本稿は,その経年変化調査報告である。まず,辞書における説明や 例文をもとに,「おかげ」は好ましい結果,「せい」は好ましくない結果の原因・理由を表すと仮定し た。論文での用例を調べ,両者は文章語ではないこと,感情表現であることを確認した後で,新聞記事等の用例を分析した。その結果,「せい」は「おかげ」より実際の社会で用いられる割合が高いこと,「せい」の用例に仮定と異なるものが多数あること,中立の「せい」(文の前件と後件を漠然と繋いでおり,「せい」特有の感情も入っていない用い方)が存在することを再確認した。初出のときは基本的な用い方を教えるにとどめるのは当然だが,日本語の学習進度に合わせて,実際の社会での広い用い方も説明すべきである。日本語が母語である者は,母語であるがゆえに見過ごしていることもある。日本語を客観的に見ることも忘れてはいけない。
URI: http://hdl.handle.net/10457/2183
ISSN: 09197796
出現コレクション:22

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
001032222_06.pdf966.73 kBAdobe PDF見る/開く

このアイテムの統計を表示

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2005 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください