DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
003 文化服装学院 >
03 研究集 >
12 文化服装学院研究集 2008- >
08 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10457/2041

Title: 2009年~2010年ファッショントレンドの変化に伴う服装造形の研究
Authors: 野中, 慶子
Issue Date: 30-Mar-2013
Citation: 文化服装学院研究集 8 (2013-03-30) pp.1-30
Description: ファッション企業において、社会環境、市場環境、ファッショントレンドなど、様々な情報を収集し分析することは、企画の方向性を決定するために必要とされる業務といえる。特にアパレル製品はイメージを衣服というモノに具現化することであるため、色、素材、柄、シルエット、テクニック、ディテール、コーディネートなどあらゆるファッションの要素を具体化していかなければいけない。当研究グループは、情報の重要性を理解し授業で生かすことを目的としたグループであり、年度ごとに社会や市場環境分析とファッショントレンド分析を行っている。具体的には、年2 回(春夏・秋冬)コレクションを中心とした製品傾向の分析および1 年先のファッショントレンド予測を行い、それらのデータ作成やビジュアルマップなどにまとめている。コレクション分析は、色、素材、柄、シルエット、アイテム、ディテール、グッズ、トレンドテーマ別などでファッション要素を細かく分類、分析を行っている。また、そのシーズンを代表するコレクションブランドの作品を選び出し再現することにより、服装造形技術の視点からのデザインソースの分析、パターン及び技術の解析を行っている。これら分析の結果は発表を行い、授業へ活用し、データを蓄積している。
URI: http://hdl.handle.net/10457/2041
Appears in Collections:08

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Show this item's statistics

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - Feedback