DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
001 文化学園大学/短期大学部/大学院 >
03 紀要 >
22 文化学園大学紀要. 人文・社会科学研究 2012-2015 >
20 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10457/1357

Title: 『何も忘れられない,何も破壊されない』 : プルーストにおけるポンペイのモチーフについての試論
Other Titles: “Nothing is Forgotten, Nothing is Destroyed” : The Theme of Pompeii in Proust’s Texts
Authors: 勝山, 祐子
Keywords: プルースト / ポンペイ / 廃墟
Issue Date: 31-Jan-2012
Publisher: 文化学園大学
Citation: 文化学園大学紀要. 人文・社会科学研究 20(2012-01) pp.57-74
Abstract: 『失われた時を求めて』におけるポンペイのモチーフにはいくつかの役割がある。まず,ポンペイのモチーフが室内装飾の分野を中心に流行した,ディレクトワール期と第二帝政期を想起させることである。とりわけ,第一次世界大戦中のパリをディレクトワール期のパリと比較することで,その浮薄な風俗を浮かびあがらせる。次に,同性愛を暗示し,ドイツ軍の爆撃を受けるパリを天の火に焼かれたソドムとゴモラに結びつける。また,第一篇と最終篇にはポンペイを題材にした絵画についての言及があり,それが小説の始まりと終わりを繋ぎ,小説に時間的連続性をあたえる。こうした役割をポンペイのモチーフに負わせるにあたって,プルーストはポンペイを題材にした書物や絵画の記憶を小説に反映させる。いっぽうで,ポンペイのモチーフは考古学のテーマを小説に導入する。こうして密かに再生のテーマに結びつく。
URI: http://hdl.handle.net/10457/1357
Appears in Collections:20

Files in This Item:

File Description SizeFormat
001032220_04.pdf1.06 MBAdobe PDFView/Open

Show this item's statistics

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - Feedback