DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
001 文化学園大学/短期大学部/大学院 >
03 紀要 >
22 文化学園大学紀要. 人文・社会科学研究 2012-2015 >
20 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10457/1335

Title: 「知っていることを使う」を目指した日本語短期研修のコースデザイン : 泰日工業大学を対象とした研修を事例として
Other Titles: Using Studentsʼ Prior Knowledge : Case Study of Short-term Japanese Language Course
Authors: 畠山, 理恵
齊藤, 眞理子
Keywords: コースデザイン
短期研修
既存知識の活用
Issue Date: 31-Jan-2012
Publisher: 文化学園大学
Citation: 文化学園大学紀要. 人文・社会科学研究 20(2012-01) pp.121-136
Abstract: 文化学園大学留学生別科では,平成23 年2 月下旬から3 月下旬にかけて初めての日本語短期研修生を受け入れ,「知っている日本語をコミュニケーションに使う」ことを主目的とするコースを運営した。本報告では,今後の研修生受け入れに向けた基礎資料提供を目指し,主目的設定に至るまでの経緯・主目的を踏まえたコースデザインの過程ならびに実際の運営状況を記述し,また,研修生による記録をもとに「日本語をコミュニケーションに使う」がどのように実現されていたかを分析・考察した。そして,これらの振り返りから見出された,コースデザインを行うにあたって留意すべき点,今回のような既存知識の活用を目指したコースにおける授業内容の改善点を指摘した。
URI: http://hdl.handle.net/10457/1335
Appears in Collections:20

Files in This Item:

File Description SizeFormat
001032220_09.pdf961.95 kBAdobe PDFView/Open

Show this item's statistics

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - Feedback