DSpace DSpace
 

DSpace at Educational Foundation Bunka Gakuen >
011 文化ファッション研究機構 >
08 研究報告書 >
02 服飾文化共同研究最終報告(詳細版を含む) >
2010 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10457/1192

タイトル: 東アフリカにおける民族服カンガの日常着としての受容に関する社会学的および生理学的考察
その他のタイトル: Sociological and Physiological Role of Kanga, Traditional Ordinary Clothing in East Africa
著者: 深沢, 太香子
熊谷, 伸子
栃原, 裕
織本, 知英子
発行日: 30-Mar-2011
引用: 服飾文化共同研究最終報告 2010 (2011-03) pp.65-82
抄録: The aim of this study is to clarify, in terms of both sociological and physiological aspects, the reasons why females in East Africa usually wear the Kanga as their daily costume. According to the literature on the subject, the Kanga was first worn by free women in Swahili societies of East Africa in the period between 1870 and 1880. After slavery had been abolished under the British rule, the Kanga has been widely worn as clothes for daily wear by people of various classes and lineages. The Kanga has gradually acquired various social values, sometimes symbolizing unity of a community, and sometimes functioning simply as a commodity. After achieving independence from England, the Kanga has become a popular consumer product due to the facilitated full-scale domestic production. Some special features of the Kanga design are vivid coloring, the ever-appearing motif of flowering plants, and black bordering along with the sides. These features of the Kanga design have prominently formed and developed by domestic manufactures in order to match women’s tastes. Survey was also performed with about 300 Eastern African females in order to clarify consciousness, actual wearing situations, and image of folk costume Kanga. According to the Cluster analysis, wearing scene is found to be composed of “formal service” and “daily life”. That is, they indeed employ the Kanga as their daily wears, because the Kanga is recognised not only as convenient and functional tool, but also aesthetic for women. In addition, a result obtained from principal component analysis indicates that there are three components of the reason why females in East Africa wear the Kanga everyday; the Kanga is accepted cultural symbol, functional communication tool, and practical tool in daily life. In the present study, analysis of covariance structures was made for accounting interaction between wearing situation and acceptance of the Kanga. The result shows that, although the Kanga is folk costume, it is firmly rooted in daily life because of its easy usage. Mechanical and surface properties of the Kanga fabric have been examined using KES-F system in order to evaluate hand values. The obtained data show that hand values in KOSHI, HARI, FUKURAMI, and SHARI indicate large positive values, while SHINAYAKASA indicates a smaller one. Therefore, it can be mentioned that the Kanga fabric is basically suitable for warm climate like summer, because it can keep air gap between the body and the fabric due to high SHARI, HARI and KOSHI. On the other hand, if employed layered, the Kanga would provide with good thermal insulation under cold environments, because of the remaining still air between the clothing layers. Adaptable climate range of the Kanga clothing system was estimated through experiments using both thermal manikin and human subject. The adaptable range depends upon its wearing condition. In case the Kanga is employed as a skirt only, the adaptable climate ranges from 20 °C to 28 °C, which are equivalent to rainy season in coast area, e.g., Mombasa. On the other hand, if most of the whole body is covered with the Kanga, it enables people to stay in comfort from 10 °C to 24 °C, which is equal to the climate in Nairobi. The adaptable climate is easily manipulated in the Kanga clothing system. This is one of the main reasons why the folk costume Kanga is employed even now as daily wear
東アフリカの民族服カンガは,女性の日常着として用いられている.本研究では,現代においても民族服が日常的に受容され続けている理由について,社会学的背景および生理学的背景から検討しようとするものである.社会的背景を明らかとするにあたり,カンガの誕生および変遷について,文献調査を実施した.その結果,カンガが歴史上出現するのは,1870年から1880年の間であり,着用したのは東アフリカのスワヒリ社会の自由民女性であることが明らかとなった.イギリス保護領・植民地時代における奴隷制度廃止後,身分や部族に関わらず,多くの女性がカンガを日常着として広く用いるようになった.カンガは,そのものが社会的価値のある物として,共同社会における象徴として,機能的な生活用品として,次第に用いられるようになっていった.イギリスからの独立後,カンガの完全国内生産が始まり,大量に生産されるようになった.カンガのデザインの特徴として,鮮明な色使い,植物をモチーフに取り入れること,濃色の太い線があげられる.デザイン上にみられるこのような特徴は,東アフリカの女性の嗜好に合うようにした結果,確立されたものであることが明らかとなった.ケニア人女性を対象とした現地調査を実施して,カンガに対する意識とともに,日常着として受容する理由について多変量解析より検討した.ケニアの女性は,民族服であるカンガを礼服として着用するとともに,日常着として,本当に着用されていることを実地調査に基づく統計解析によって明らかにした.主成分分析より,日常着として着用する理由として,カンガに対して「文化象徴性」,「意志伝達機能」,「実利性」の3因子が抽出された.そこで,着用場面とカンガに対するイメージとの関連性を示すモデルの構築を試み,儀礼礼拝よりも日常的衣服として受け入れられていることを示した.カンガが日常着として受容される理由について,生理学的背景を明らかとするために,まず衣服としての物理的特性を把握するための物性測定行った.その結果,カンガは,弾性力に富んだ衣服素材で,衣服が身体にまとわりつきにくい性質であることが明らかとなった.これより,カンガは,服地の物性としては,夏季に適した素材であることが示された.しかしながら,カンガは着装条件を自在に変化させることが可能で,一年をとおして着用されている.そこで,着装方法の違いによる環境適応域の変動について,モデル実験および被験者実験より検討した.その結果,カンガを用いた着装条件を簡単に変化させることによって,ケニアの沿岸から山岳地域の広い環境によく適応することが明らかとなった.カンガはその着装条件を自在に変化できることによって,1枚でも幅広い環境に適応することができる.その利便性が,現代においても日常服として広く用いられている主たる理由の一つであることを示した.
URI: http://hdl.handle.net/10457/1192
出現コレクション:2010

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズファーマット
011080210_08.pdf1.01 MBAdobe PDF見る/開く

このアイテムの統計を表示

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2005 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください